センチュリー 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

センチュリー 買取 相場

センチュリーの買取価格をセンチュリーの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【センチュリーの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

トヨタ自動車が主として日本国内で販売するセンチュリー(CENTURY)は、トヨタ自動車の最高級乗用車である。車名「センチュリー(世紀)」は、初代モデルが発表された1967年が明治100年(同時に、創業者・豊田佐吉の生誕100年)であったことから来ている。日本国内の官公庁、企業、富裕層などでの自家用使用でのリムジン(運転手が付きオーナーは後席に乗る車)として企画されており、後部座席の快適性に重きを置いた作りになっている。法人需要が大部分だが、富裕層の自家用車にも少なからず用いられている。特装改造のベース車として霊柩車化されての需要も多い。初代モデルは、世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーンを目標に開発され、1967年11月に発売された。1997年異例の長期生産が続いた初代から30年ぶりにモデルチェンジが行われ、2代目モデルに移行した。外観の基本イメージはこれまでとほぼ同じです。最大の特徴はトヨタ初のV型12気筒DOHC排気量5000ccのエンジンを搭載し、余裕のある走りを実現していることです。トランスミッションは6速ATのみで、駆動方式は後輪駆動となっています。インテリアはインパネやコンソールに、同一素材からの切り出しにより、本木目を使用しています。後席には制振材、吸遮音材などの配置と、電子制御サスペンションにより、しなやかな乗り心地を実現し、後席にはシート表面から冷風が出るコンフォータブル・エアシートを設定しています。後部座席の座り心地は抜群で、生地は羊毛か本革を選択できます。独立した温度設定が可能なデュアルオートエアコンも採用しています。さらに、リアテールランプは独特の形状で、かつては電球でしたが、今ではLEDに変更されています。天皇・皇后の御料車「プリンスロイヤル」が老朽化の為、センチュリーをベースとした特別生産車「センチュリーロイヤル」に順次切り替えられ、2006年9月28日の臨時国会開会式に出席する際から使用されている。

【運営者情報】自動車評価学会 センチュリー買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ